いろいろと


by 5MAYs
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カートは踊る

今日は風が強い。
ヒューヒュー音がするほどだ。
さっき買い物に行ったスーパーは駐車場が広い。
私が車を止めた場所はカート置き場の近くだった。
さて、買い物を済ませ車を動かそうと前を見ると、なぁんとカートが一台こちらに向かってくるではないかっ!!
「あっ」と思った瞬間、私の隣の車に激突っ!!。
風に押されて動いた瞬間またの突風で他の車に激突っ!!
その後も踊るようにくーるくると流され、車にぶつかり続けた。
駐車場に点在するカート置き場には大小2種類のカートしか置けない。
が、カートにはもう1種類、赤ちゃんを乗せられるベビーカータイプもあるのだ。時々カート置き場にそれが置かれ、混雑時にはグッチャグチャになったりする。
見ると次のも控えていた。
置いたのは誰だ?
気付かずに帰ったのか、それとも逃げたのか。
駐車場での事故や盗難は店の責任を問えないらしいが、カートによる被害はどうなんだ?
被害にあったのが自分でなくてなによりだったが、この先あり得ない事ではない。
風の強い日は買い物をしないことにしよう。
[PR]
# by 5MAYs | 2005-11-08 17:06

すばらしい発見

ピロリ菌発見にノーベル賞 胃炎などの原因解明
Excite エキサイト : 国際ニュース


数年前、友人が十二指腸潰瘍を患った。
それと共にピロリ菌が発見されたと聞いた時には笑い転げた。
ピロリという語感が笑えるではないか。
この時のバチが当たったのか、数ヵ月後十二指腸潰瘍を患うこととなり、
私にもやはりピロリ菌がいた。
幸い二人ともピロリ菌の除菌と薬による治療で完治した。
この時通った病院の待合室の壁にこの二人の記事が大きく伸ばして張ってあった。
この二人の発見のおかげで潰瘍の完治も早く再発もしにくい。
ただただ感謝です。
[PR]
# by 5MAYs | 2005-10-04 20:24

アク抜き

姑は適当な人だ。
今朝早く栗を持って現れた。
調理しやすくしてくれたのだろう。
すでにゆでてある。
皮のまま。
私は下ごしらえをキッチリやるのが好きだ。
栗ごはんや甘露煮にするならばアクを抜きたいのだ。
渋皮も剥いて漬けておきたいのよぉぉぉぉ!!!!
しかも、もう手を加えないと保存できない。
すごい量なのに・・・・・・
「がんばったのよぉ」
って・・・・・・(-"-;)
春にもタケノコもゆでて持ってきてくれるけど、こちらは皮ごとではない。
皮を剥き、半分に切ってからぬかでゆでる。
何個もだ。
間に入り込み固まったぬかを取るのは本当に面倒だ。
タケノコは皮のままでいいのよぉぉぉぉ!!!!
そのままで使えと姑は言う。
確かに害はない。
でも私はぬかの浮いたごはんや煮物なんて嫌いだ。
そういえば、梅酒にも驚いた事がある。
私は梅酒が好きで毎年漬けているが、
「今年は私がやってあげたから漬けなくていいわよ。」
と持ってきてくれたそれは、
なり口もそのままの白砂糖に埋まったものだった。
アク抜きしてくれ。
ってか白砂糖って・・・・・・・・(-"-;)
そう。
姑はいつでも私が楽になるように考えてくれているのだ。
だからこそ口に出せない。
だからここで言わせてもらおう。
生のままで持って来いっ!!!!
[PR]
# by 5MAYs | 2005-09-10 07:07

意見と意思

忠告や警告は有難いものだが、時として厄介なものである。
度が過ぎるものは、もはや命令だ。
受け入れ難いものとなる恐れがある。
人は経験から学ぶもの。
失敗したとしても、それはそれ。
反省し、教訓にすればいい。
決めるのは自分自身。
すべて本人の問題だ。
例えば、AはBとは気が合うがCとは合わない。
だからといって、BとCが合わないとは限らない。
なぜならばAとBは同じではないからだ。
同じ価値観をもっていたとしても、共通する部分が多いというだけで同一ではない。
Bが誰と友情を育もうと、それはBが決めることでAの意見は関係ない。
仮にBとCの関係が消滅したとしよう。
それはAの意見が正しかったわけではなく、Bの出した答がAと同じだっただけのこと。
それをぜひ理解していただきたいものである。
[PR]
# by 5MAYs | 2005-09-10 01:52

宝くじに当たったら

宝くじが当たったらどうする?

もしも大金を手にしたら、

旅に出る。

のんびりと世界中をめぐり、

一文無しになって帰国。

想い出を胸に、日常の生活に戻る。

楽しいだろうな  ̄m ̄ 
[PR]
# by 5MAYs | 2005-07-26 03:13

日向子さんの死

杉浦日向子さん急死


以前何かで
[17歳になった時、もう十分生きたと感じた。
 その倍の年齢になったら隠居しようときめた]

と話していたのが印象的だった。

江戸風俗について記された著書は本当に興味深く、たのしく読ませていただいた。
手元には「合葬」が残るのみだが、マンガもいい作品が多かった。
「お江戸でござる」のトークも絶妙で、トークショーに足を運んだ事を思い出した。

いい人生だっただろうか。
46歳の早すぎる死だが、
もし、十分に生きたと満足できたなら幸いだ。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
# by 5MAYs | 2005-07-25 17:36